研究業績

音声病態分析学

学術論文

  1. Validity of the Mind Monitoring System as a Mental Health Indicator, Hagiwara N, Omiya Y, Shinohara S, Nakamura M, Yasunaga H, Mitsuyoshi S, Tokuno S. 16th International Conference on BioInformatics and BioEngineering (IEEE BIBE2016), 2016. 262-265.[PDF]
  2. 音声病態分析学, 徳野慎一, 細胞 48(14), 9-12, 2016
  3. 音声感情認識STと音声病態分析技術PST, 光吉俊二, 心と社会 47(3), 10-15, 2016
  4. 音声病態分析技術の医学的検証, 徳野慎一, 心と社会 47(3), 16-21, 2016
  5. スマートフォンを用いた音声による健康状態のモニタリングシステム(MIMOSYS)の開発, 大宮康宏, 心と社会 47(3), 22-25, 2016
  6. 企業版ストレスレジリエンスプログラムとその効果, 宮崎賢治, 心と社会 47(3), 26-34, 2016
  7. 音声病態分析技術の自動車への応用, 岡崎俊実, 心と社会 47(3), 32-37, 2016
  8. 医療と人工知能の未来, 光吉俊二, 心と社会 47(3), 70-75, 2016
  9. 心を持った機械. 光吉俊二. 建築雑誌 116(6), 2016, 18-19
  10. Validity of a voice-based evaluation method for effectiveness of behavioural therapy, Shinohara S, Mitsuyoshi S, Nakamura M, Omiya Y, Tsumatori G, Tokuno S, Pervasive Computing Paradigms for Mental Health. Springer International Publishing, 2015. 43-51. [PDF]
  11. Stress Evaluation by Voice: From Prevention to Treatment in Mental Health Care, Tokuno S, ESMSJ (Econophysics, Sociophysics & other Multidisciplinary Sciences Journal) 5 (1) 2015; 30-35 [PDF]
  12. Development of Verbal Analysis Pathophysiology, Mitsuyoshi S, ESMSJ (Econophysics, Sociophysics & other Multidisciplinary Sciences Journal) 5 (1) 2015; 11-16 [PDF]

学会発表

  1. Voice Disability Index Using Pitch Rate, Shinohara S, Omiya Y, Nakamura M, Hagiwara N, Mitsuyoshi S, Tokuno S, IEEE EMBS Conference of Biomedical, Engineering and Sciences (IECBES 2016) (Malaysia) 2016.12.4-8
  2. Psychological impact of Kumamoto earthquake by voice analysis using a smart phone application, Tokuno S, Omiya Y, Shinohara S, Nakamura M, Hagiwara N, Mitsuyoshi S; Neuroscience 2016 (San Diego) 2016.11.12-16
  3. Alternation of fundamental frequency of ultrasonic vocalizations by neonatal rats in response to distance from their mother, Nakamura M, Tanichi M, Toda H, Mitsuyoshi S. Shinohara S, Omiya Y, Shimizu K, Yoshino A, Tokuno S. Neuroscience 2016 (San Diego) 2016.11.12-16
  4. Development of Mind Monitoring System using Call Voice, Omiya Y, Hagiwara N, Shinohara S, Nakamura M, Mitsuyoshi S, Tokuno S. Neuroscience 2016 (San Diego) 2016.11.12-16
  5. CGL前後の乳幼児啼泣音声の分析(続報),大宮康宏、山本伊佐夫、中村光晃、篠原修二、光吉俊二、徳野慎一、中川貴美子、福地芳子、向井將、第28回日本舌癒着症学会(横浜), 2016.11.3
  6. Validity of the Mind Monitoring System as a Mental Health Indicator, Hagiwara N, Omiya Y, Shinohara S, Nakamura M, Yasunaga H, Mitsuyoshi S, Tokuno S. Bioinformatics and Bioengineering (BIBE), 2016 IEEE 16th International Conference on. IEEE (Taichung), 2016.10.31-11.2
  7. スマートフォンを用いた音声による心の健康状態のモニタリングシステムにおける録音方式の違いによる有効性検証, 萩原直樹, 大宮康宏, 篠原修二, 中村光晃, 木暮祐一, 光吉俊二 , 徳野慎一, 生体医工学シンポジウム2016 (旭川), 2016.9.17-18
  8. 舌喉頭矯正術前後の乳児啼泣音声分析. 山本伊佐夫, 大宮康宏, 徳野慎一, 光吉俊二, 鎌倉尚史, 中川貴美子, 大平寛, 山口里恵, 宮川康一, 山田良広, 第8回日本子ども虐待医学会学術集会 (福岡), 2016.7.23-24
  9. 舌喉頭矯正術前後の乳児啼泣音声の解析, 山本伊佐夫, 大宮康宏, 徳野慎一, 光吉俊二, 中川貴美子, 大平寛, 鎌倉尚史, 山口里恵, 宮川康一, 山田良広, 第100次 日本法医学会学術全国集会 (東京), 2016.6.15-17
  10. Development of voice pathophysiology analysis technology: Joint Symposium with IT Companies, Mitsuyoshi S, 7th Asia Pacific Regional Conference of the International Association for Suicide Prevention (Tokyo), 2016.5.18-21
  11. Medical evidence of voice pathophysiology analysis technology: Joint Symposium with IT Companies, Tokuno S, 7th Asia Pacific Regional Conference of the International Association for Suicide Prevention (Tokyo), 2016.5-18-21
  12. Development of the Mind Monitoring System (MIMOSYS) which can be able to monitor mental health status using call voice with a smartphone: Joint Symposium with IT Companies, Omiya Y, 7th Asia Pacific Regional Conference of the International Association for Suicide Prevention (Tokyo), 2016.5-18-21
  13. Verbal analysis of Pathophysiology in Stress Resilience Program: Joint Symposium with IT Companies, Miyazaki K, 7th Asia Pacific Regional Conference of the International Association for Suicide Prevention (Tokyo), 2016.5-18-21
  14. Automotive application of verbal analysis: Joint Symposium with IT Companies, Okazaki T, 7th Asia Pacific Regional Conference of the International Association for Suicide Prevention (Tokyo), 2016.5-18-21
  15. 音声病態分析学が切り開く未来, 徳野慎一. 第3回 東京大学COI自分で守る健康社会シンポジウム (東京), 2016.3.2
  16. MIMOSYS による「健康の自分ごと化」, 大塚寛, 第3回 東京大学COI自分で守る健康社会シンポジウム (東京), 2016.3.2
  17. パネルディスカッション "健康の自分ごと化", 光吉俊二, 第3回 東京大学COI自分で守る健康社会シンポジウム (東京), 2016.3.2
  18. Correlation between self-administered psychological test and emotion measured by voice analysis, M Nakamura, S Shinohara, Y Omiya, S Mitsuyoshi, H Takagi, A Ushiwatari, S Tokuno, International Conference on Information Science and Management Engineering1 (ICISME2015) (Phuket), 2015.12.20 [proc]
  19. 音声による心の健康度測定の妥当性について, 篠原修二, 中村光晃, 大宮康宏, 高木宏昌, 牛渡智, 光吉俊二, 徳野慎一, HCGシンポジウム2015 (富山), 2015.12.17 [proc]
  20. スマートフォンを用いた音声による健康状態のモニタリングシステムの開発, 大宮康宏, 萩原直樹, 桐田賢, 篠原修二, 中村光晃, 光吉俊二, 徳野慎一, HCGシンポジウム2015 (富山), 2015.12.16 [proc]
  21. 音声分析による感情推定とその応用, 光吉俊二, 第23回インタラクティブシステムとソフトウェアに関するワークショップ(WISS2015)(別府), 2015.12.4
  22. CGL前後の乳幼児啼泣音声の分析, 大宮康宏, 山本伊佐夫, 中村光晃, 篠原修二, 光吉俊二, 徳野慎一, 中川貴美子, 福地芳子, 向井 將, 第27回日本舌癒着症学会(横浜), 2015.10.25 [abstract]
  23. Snoring-based screening for sleep apnea syndrome,Nakamura M, Shinohara S, Omiya Y, Mitsuyoshi S, Oshima Y, Danno H, Yamakawa T, Tanaka S, Tokuno S, 生体医工学シンポジウム2015 (岡山),2015.9.24-25 [proc]
  24. Validity of a voice-based evaluation method for effectiveness of behavioural therapy, Shinohara S, Mitsuyoshi S, Nakamura M, Omiya Y, Tsumatori G, Tokuno S. 5th International Symposium on Pervasive Computing Paradigms for Mental Health; MINDCARE 2015 (Milan), 2015.9.23-25 [proc]
  25. Stress Evaluation by Voice: a novel stress evaluation technology, Tokuno S. Annual Bilateral Behavioral Health Conference (Kanagawa), 2015.6.23
  26. Stress Evaluation by Voice: From Prevention to Treatment in Mental Health Care, Tokuno S, International Workshop EDEN (Exploratory Domains of Econophysics News) - VII (Pitesity), 2015.6.6 [proc]
  27. Development of Verbal Analysis Pathophysiology, Mitsuyoshi S, International Workshop EDEN (Exploratory Domains of Econophysics News) - VII (Pitesity), 2015.6.6 [proc]
  28. 音声から病気の早期発見を可能にする技術 音声病態分析, 光吉俊二, 電子情報通信学会2015年総合大会(滋賀)2015.3.12
  29. 防衛医学研究の過去・現在・未来, 徳野慎一, 第60回 防衛衛生学会(東京)2015.2.6
  30. STRESS EVALUATION BY VOICE: a novel stress evaluation technology, Tokuno S, Mitsuyoshi S, Suzuki G, Tsumatori G, 9th International Conference on Early Psychosis (Tokyo), 2014.11.17-19 [abstract]
  31. Stress Evaluation Using Voice Emotion Recognition Technology: A Novel Stress Evaluation Technology for Disaster Responders. Tokuno S, Mitsuyoshi S, Suzuki G, Tsumatori G: XVI World Congress of Psychiatry (Madrid), 2014.9.14-18 [abstract]

その他

著書等
  1. ナースにとってのストレスチェックの最新技術, 徳野慎一, 月刊ナーシング, 35(9): 2015
  2. 進化するヒトと機械の音声コミュニケーション (第2編 第4章 感情の認識 ~音声による感情と病態の分析(「音声病態分析学」からの視点)~),光吉俊二,株式会社エヌ・ティー・エス,2015
メディア
  1. Inside View: Softbank. Nature (14 July 2016)[WEB]
  2. 声で心を分析するアプリ「ミモシス」, Abema TV, 2016.5.10[WEB]
  3. マツダの"近未来スポーツカー像"が見えてきた, 日経テクノロジー, 2016.5.10[WEB]
  4. 声で「心の状態」分析するアプリ…東大特任准教授らが開発, Yahoo ニュース, 2016.4.27
  5. スマホアプリ「ミモシス」 元気?不調?声で分析, ヨミドクター, 2016.4.27[WEB]
  6. スマホアプリ「ミモシス」 元気?不調?声で分析, 読売新聞, 2016.4.20 [WEB]
  7. スマホで話せば体調がわかる~音声病態分析が開く未来の医療, 日経BizGate, 2016.2.22 [WEB]
  8. マツダ・ロードスターが“自動運転”になる日, THE PAGE, 2015.12.21 [WEB]
  9. マツダが構想する老化と戦うクルマ, ITmediaビジネス, 2015.12.21 [WEB]
  10. マツダが語る「クルマまるごと健康社会」, 日経デジタルヘルス, 2015.12.16 [WEB]
  11. 「スマホで話す」だけで健康が見える, 日経デジタルヘルス, 2015.12.16 [WEB]
  12. Healthy Aging: an ancient idea, a modern solution, NHK WORLD, 2015.12.4 [WEB]
  13. 声で心の健康診断 元防衛医大医官、スマホアプリ開発中, 朝日新聞, 2015.11.28 [WEB]

参考文献

音声病態分析学に関わる過去の論文等です

学術論文・抄録
  1. 音声感情認識技術ST を使ったストレスへの応用, 光吉俊二, 徳野慎一, 田中靖人, 日本疲労学会誌, 6(2): pp 45- pp 53. 2011
学会発表
  1. 音声感情認識技術によるストレス強度判定. 徳野慎一. 第110回精神神経学会年次学術総会 シンポジウム14 精神医学およびメンタルヘルスのためのバイオマーカー活用のフロントライン (横浜)2014.6.26-28
  2. 音声感情認識技術によるストレスレジリエンスプログラムの効果判定. 徳野慎一 他, 第59回 防衛衛生学会(東京)2014.2.26
  3. Usage of Emotion Recognition in Stress Resilience Program. Tokuno S et.al, 40th ICMM World Congress on Military Medicine(Saudi Arabia)2013.12.7-12
  4. 音声感情認識技術によるストレス強度判定の試み. 特別企画シンポジウム 生体スクリーニング技術のフロントラインと精神科診断との接点 徳野慎一 他, 第33回 精神科診断学会(滋賀) 2013.11.7-8
  5. 音声感情認識技術を用いたストレス評価. 徳野慎一 他, 防衛技術シンポジウム2013(東京)2013.10.29-30
  6. 見守りのための音声からストレスを計測する技術の一検討. 大宮康宏 他, 第1回 看護理工学会(東京)2013.10.4-5
  7. 音声による感情認識によるストレス強度判定の試み. 徳野慎一 他, 第11回トラウマティックストレス学会(福岡)2012.6.6-9
  8. 音声感情認識STの医療分野への応用. 光吉俊二 他, 第9回東アジアヘルスプロモーション会議(熊本)2011.11.23-25
  9. Usage of Emotion Recognition in Military Health Care. Tokuno S et al. Defense Science Research Conference and Expo 2011 (DSR2011) (Singapore) 2011.8.3-5
  10. Identifying neural components of emotion in free conversation with fMRI. Mitsuyoshi M et al. Defense Science Research Conference and Expo 2011 (DSR2011) (Singapore) 2011.8.3-5
  11. 音声感情認識を使った情動変化・ストレスの計測. 光吉俊二 他, 第6回日本疲労学会(2010.6.25-26)
  12. 「感情」からはじめる人材育成(第2回)東京大学大学院 特任講師 光吉俊二さんに聞く 音声から感情を認識する技術を社会・企業に役立てる企業と人材 48(1025), 36-41, 2015.03 産労総合研究所

その他の領域

講座スタッフの他の学術活動です

論文

  1. Human herpesvirus 6 and 7 are biomarkers for fatigue, which distinguish between physiological fatigue and pathological fatigue. Aoki R, Kobayashi N, Suzuki G, Kuratsune H, Shimada K, Oka N, Takahashi M, Yamadera W, Iwashita M, Tokuno S, Nibuya M, Tanichi M, Mukai Y, Mitani K, Kondo K, Ito H, Nakayama K. Biochem Biophys Res Commun. 2016 Sep 9;478(1):424-30. [PDF]
  2. 作戦時の看護活動における精神健康度(GHQ)と自己効力感(セルフ・エフィカシー)の関連, 上野美紀, 早野喜美子, 平尚美, 楠見ひとみ, 川井田恭子, 山岸里美, 徳野慎一, 防衛衛生, 63(7,8) 2016: 179-186
  3. How to Reconcile Morality and Diversity in Globalization and Multidisciplinary, Chung U/Tei Y, Mitsuyoshi S, Tokuno S. IntegrationESMSJ (Econophysics, Sociophysics & other Multidisciplinary Sciences Journal) 6 (1) 2016; 4-6 [PDF]
  4. Elevation of Derivatives of Reactive Oxygen Metabolites Elevated in Young "Disaster Responders" in Hypertension due to Great East Japan Earthquake. Shiraishi Y, Kujiraoka T, Hakuno D, Masaki N, Tokuno S, Adachi T. Int Heart J. 2016 Jan 19;57(1):61-6. [PDF]
  5. Case study of medical evacuation before and after the Fukushima Daiichi nuclear power plant accident in the great east Japan earthquake. Okumura T, Tokuno S. Disaster and Military Medicine, 2015, 1.1: 1. [PDF]
  6. Rumor-Related and Exclusive Behavior Coverage in Internet News Reports Following the 2009 H1N1 Influenza Outbreak in Japan. Shigemura J, Harada N, Tanichi M, Nagamine M, Shimizu K, Katsuda Y, Tokuno S, Tsumatori G, Yoshino A. Disaster Medicine and Public Health Preparedness 9.04 (2015): 459-463.

学会発表

  1. 防衛医科大学校医学研究科における初期教育の試み.島崎英幸, 小林靖, 四ノ宮成祥, 山田憲彦, 妻鳥元太郎, 櫻井裕, 齋藤大蔵, 宮平靖, 西田育弘, 徳野慎一,第48回日本医学教育学会大会(大阪)2016.7.29-30
  2. How to Reconcile Morality and Diversity in Globalization and Multidisciplinary, Chung U/Tei Y, Mitsuyoshi S, Tokuno S. International Workshop EDEN (Exploratory Domains of Econophysics News) - VIII (Pitesity), 2016.6.27 [Proc]
  3. 過去の教訓から東京オリンピックに備える 三菱重工爆破事件の検証. 徳野 慎一, 第19回 日本臨床救急医学会(郡山)2016.5.12-14
  4. がんモデル動物を用いた悪性度の違いによる全身免疫能変化の解析, 増田潤子, 高山英次, 佐藤あやの, 守本祐司, 本庶仁子, 石塚俊晶, 徳野慎一, 青笹季文, 光吉俊二, 重廣司, 前野成実, 村上宏, 笠井智成, 水谷昭文, Arun Vaidyanath, 妹尾彬正, 川木晴美, 神谷-水野真子, 近藤信夫, 一瀬雅夫, 一戸辰夫, 妹尾昌治, BMB2015(第38回日本分子生物学会年会、第88回日本生化学会大会 合同大会)(神戸), 2015.12.1
  5. 防衛医科大学校における卒業直前のプロフェッショナリズム教育の試み, 小林靖, 妻鳥元太郎, 四ノ宮成祥, 宮平靖, 島崎英幸, 徳野慎一, 山田憲彦, 第47回 日本医学教育学会大会(新潟)2015.7.24-25
  6. 遺体関連業務が歯科医師に引き起こすストレス, 染田英利, 徳野慎一, 重村淳, 板橋仁, 小寺力, 柳川錬平, 原田奈穂子, 妻鳥元太郎, 第20回 日本集団災害医学会(東京)2015.2.26-28
  7. 阪神大震災 20年の月日を経て 災害時医療対応システムの確立に向けて 阪神・淡路大震災から20年を経て, 中山伸一, 小澤修一, 鵜飼卓, 川瀬鉄典, 石原諭, 松山重成, 甲斐聡一郎, 濱上知宏, 中田正明, 近藤久禎, 小井土雄一, 本間正人, 楠孝司, 徳野慎一, 庄野聡, 第20回 日本集団災害医学会(東京)2015.2.26-28
  8. 防弾チョッキと生体防護能の評価法, 藤田真敬, 石原雅之, 徳野慎一, 大野友則, 第60回 防衛衛生学会(東京)2015.2.6 6.
  9. 野外訓練における看護師の主観的ストレスと生理的ストレス反応との関連, 早野貴美子, 平尚美, 伴佳子, 尾立篤子, 宮首由美子, 海津真里子, 渡辺美奈子, 徳野慎一, 第60回 防衛衛生学会(東京)2015.2.6 6.
  10. 作戦時の看護活動における精神健康度と自己効力感の推移, 上野美紀, 三上由美子, 楠見ひとみ, 川井田恭子, 山岸里美, 内野小百合, 徳野慎一, 第60回 防衛衛生学会(東京)2015.2.6 6.
  11. Preemptive psychiatry based on serological detection of high-risk subjects after stress, Sekiyama A, Kasahara E, Tokuno S, Okamura H, Nabeshima Y, 9th International Conference on Early Psychosis (Tokyo), 2014.11.17-19[abstract]
  12. Medical Evacuation from the Fukushima area, Tokuno S, 7th Annual CBRNe Convergence Congress & Exhibition (USA/NY), 2014. 10.28-30

その他

著書等
  1. なぜ心臓の動きが波形になるの?絵でわかる 成り立ちから波形が読める12誘導心電図. 徳野慎一, 中家佑子. 月刊ナーシング, 36(3) 2016; -.
  2. もう一度, 確認! 心電図モニター使いこなしガイド. 徳野慎一, 中家和宏, 中家佑子. 月刊ナーシング, 34(11) 2014; 57-75.
メディア
  1. キーパーソン3人に聞く (特集 ロボット界のiPhoneになれるか? pepper(ペッパー)大増殖計画, 週刊ダイヤモンド 103(9), 150, 2015.2.28

このページの先頭へ